自宅がインテリア雑誌で紹介されました

梅雨もそろそろですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて表題の件ですが、
ご縁があってなんと私の自宅がインテリア雑誌で紹介されることとなりました。

 
このブログタイトルにもあるように、「LIFE = SO HAPPY」をテーマとしてるわけで、口だけにならないようにと。

 

ライフスタイルに関わることは昔から好きで、毎日密接に関わる事柄だからこそなんというか、当たり前に使ったり過ごしたりする物、空間、食べ物等々に、ちょっとした気使いによっては、とっても幸せな人生になると私は思ってます。

 

「日々の生活と所作をもっと大切に、そして丁寧に行う」

 

昔、大学生の時、たるんだ自分に鞭打つために埼玉の山奥の禅寺に篭って修行を行ったことがあります。

 

朝4時に起床、朝晩と精進料理を修行僧達と一緒に作り、掃除、洗濯、そして、朝昼晩の瞑想とお経を唱えるという繰り返しの毎日、遊び盛りの大学生には酷すぎると。

 

本当の理由は、「今後、俺はどう生きていくのか、悟りの境地とともに」という想いでしたが、その答えは見つかるどころか、邪念ばかりで毎日暇すぎました。今となっては笑い話ですが(笑)

 

そんな中で一つ学んだことがありました。それは、
 

「作務、これ人生最大の修行なり」

 
作務とは掃除、洗濯、料理、畑仕事など、日常的に行う労働のこと。

 

私も一人暮らし歴9年目となりますが、こういった日常労働は、何も考えないルーティーンワークになってしまいがちです。こういった何気ない労働に、細かい所まで注意を払い、毎日微々たる改善点を見つけ出し、所作も含め丁寧に毎日行なうこと。この意識の差が、すべての人生の事柄にとって大きな成長を生み出し、人として大きな違いをもたらすという。

 

もともと作務は坐禅止静(ざぜんしじょう)で得たものを実生活の場に適応させる機会であり、労働のための労働ではないというのもうなずける。
 

当たり前のことを当たり前にこなし、さらに当たり前と思わず、常に改善し続ける。そういった意識と行動は、人生をより豊かにし、心に大きな余裕(平安)が生まれる
のだと。大それた目標や野望を掲げ、やっきになって動く自分が滑稽に感じ、日々を改め見直そうと、その時、学生ながらに感動したのを覚えてます。

 

それからというもの、日常生活(ライフスタイル)には常に気を配るようになりました。今では、自宅もなかなか洗練された空間になってきたんじゃないかと。自画自賛です。はい。
 

皆さんも何気ない日常生活を見直し、改善をしてみたらいかがでしょうか?
きっと心身ともに上昇していくんじゃないでしょうか。

 

さて、最後に、実は以前に紹介されたインテリアサイトの担当者さんからのご紹介で、ライブドアさんのライフスタイル特集にて、またまた自宅が取材されることになりました。取材は、先週終了しております。また、掲載日が決まりましたらブログでお伝えします。良かったらご覧下さいな。

 

ではでは、素敵なライフスタイルを。