オススメ書籍:総合未来読本 Phronesis 「フロネシス」

スクリーンショット 2013-11-04 23.35.52
さて、今日は僕が購読してるオススメ本をご紹介。

三菱総合研究所(MRI)さんが提供してる「フロネシス」です。

すこし未来の話をしませんか?
『フロネシス』は、1冊1テーマの総合未来読本です。
「クルマ社会」「食」「住まう」「高齢化」「環境」など、生活や暮らしにかかわる視点からテーマを設定し、豊富なデータにもとづきリアルな未来を探ります。世の中を良くしていきたいと考えている「知的市民」に向けて、考えるヒントを提供します。

三菱総合研究所(MRI)さんは、いわゆる※シンクタンクですね。
※さまざまな領域の専門家を集めて、社会開発や政策決定などの複合的な問題や未来の課題を研究する機関。

世の中の膨大なリサーチデータがバックグラウンドにあるので、
本の内容に信憑性もあるし、なにより内容が分かり易く面白いんです!

「社会や世の中のこれからついてちょっと知りたい」けど、
ちょっと難しいことは分からない・・・
今さら恥ずかしくて人には聞けない・・・
そんなに時間がない・・・
ってひとにはオススメの本です。

仕事にはもちろん役立つし、
自分の将来やライフスタイルにおいても知っておいて損はない内容です。

今のところ6冊発売されてます。







<01>2030年の「クルマ社会」を考える―三菱総研の総合未来読本

<02>2030年の「食と農」を考える―三菱総研の総合未来読本

<03>2030年の「住まう」を考える―三菱総研の総合未来読本

<04>「プラチナ社会」がやってくる!―三菱総研の総合未来読本

<05>エコと経済の新しい関係―三菱総研の総合未来読本

<06>消費のニューノーマル―三菱総研の総合未来読本

AppStoreにて電子書籍版も発売されてるようです。(本の半額です)

たまには、自分の生きてる社会・世の中にちょっと目を向けてみてもいいですね。
新たな発見があるかもです。ではでは。