日本人は「愛を受け入れ、繋がる」ことを取り戻し始めている

スクリーンショット 2013-11-04 3.47.44

日本人は「愛を受け入れ、繋がる」ことを取り戻し始めている。

日本は歴史的にみても、島国であるがゆえ、比較的孤立し、自己完結型の文化を歩んできました。

現代においてさえ、他の地域との交流において、社会的・政治的にも防壁を保ち続けている文化や組織などをあまり変えていません。

全体の調和を大切にして、個の主張や表現にはあまり重きを置かず、民族精神、村意識の中で高度に自己完結し、強く結束したままでいること選んだ日本人。これが日本文化の大きな特徴です。

それにも関わらず、3.11という大きな災害によって、僕達、日本人は世界からの援助に頼らざる得ない状況となりました。それらの援助に頼ることを、日本人は許すことによって、社会構造は変わり、境界線、防壁、心の壁は崩れつつあるのだと思います。

こういった頼らざる得ない状況となったことでやっと「愛を受け入れ、繋がる」ということを自分自身に「許す」ことができるようになっていくのでしょう。

日本は「努力、勤勉、義理堅い」人種で、「精神性が高く、己を律し、他人を思いやる」素質を持ちながらも、
実は「愛を受け入れ、繋がる」ことを自分達に「許す」ことができなかったのかもしれません。

文句や意見を言うことも少なく、毎日を黙々と努力と勤勉に生きる日本人は立派です。僕も日本人としての誇りを持っています。

でも「自分に優しく、愛を受け入れ、繋がる」ことを「自分に許す」ことが今まさに必要なんだと。

少しづつ進化していかなければならないという、そんなシグナルがあったのが3.11のように思えます。

「愛を受け入れ、繋がることを自分に許そう」

「僕らは素晴らしい素質を持った日本人なのだから」