住宅をダウンサイジングすると”幸せになる”

m6rT4MYFQ7CT8j9m2AEC_JakeGivens - Sunset in the Park

greenz.jp(代表・鈴木菜央さん)×YADOKARIで対談記事をご紹介頂きました。ありがとうございます。
(対談記事:http://greenz.jp/2014/09/25/yadokari/

最近感じているのが、住宅のダウンサイジングの可能性について語ると各所から反響を沢山頂く。潜在的にその必要性を感じている人が多いのだと思う。

「住宅をダウンサイジングしたら、家族がもっと幸せになった」みたいな纏まったユーザーレポートやアンケート調査ってどっかで出て無いのだろうか?特に国内の調査をしてみたい。(単体ではこんな感じで体験レポートはありそうだが⇒http://goo.gl/FsqcUl

“家が小さくなるとコミュニケーション頻度が増えて家族関係が良好になる”とか、”部屋に籠らず外に出て行く、地域との関わりが増える”的な、消費社会の次を見据えた幸福度や豊かさが上がるような話。

たぶんきちんと調べたら、家はただ広いよりは、ある程度狭いほうが、沢山そういう事例があるんじゃないかと思う(もちろんプライバシーの限界領域があるので全て比例はしないと思うが)

実際に、あまり部屋数が多くない狭小住宅や9坪ハウスなんかに住む友人や知り合いの感じを見ていると、どこも家族間のコミュニケーションが活発な印象に見受けられる(あくまで個人的な体感ですが)

戦前・戦後の日本はずっと長屋文化で雑魚寝してたし、”気配を感じる家”が多かった。それがご近所付き合いや地域との繋がりを生んでたりもする。高度経済成長に入ってマイホームを買うことが当たり前になるまでは、一人一部屋なんて無かった。

それらは物質的には豊かにはなったのかもしれないが、”精神的に豊かになったのか?”は謎です。

この間、住宅価格面についてのエントリーをしたら(コレ→ http://goo.gl/BO4JRm)、予想以上に反響が大きくて各所からコメントやメッセージを頂いた。多分それだけ住宅のあり方については賛否両論あるし、それだけ選択肢と可能性があるってことだと感じてる。

個人的な意見になりますが、家が小さくなると”めんどくさいこと”が増えるが、その”めんどくさいこと”は、人生全体でみたら豊かさや幸福度を上げる大事なポイントなんじゃないかと感じてます。

住宅をダウンサイジングすることで「全ての産業が生まれ変わる(変革する)大きなきっかけになる」と思ってます。エネルギー、サービス、モノはもちろんのこと仕事以外の活動や時間の選択肢も増えて変わっていく。

ステータスシンボルとしての家ではなくて、豊かさ・幸福度を改めて考えるきっかけとしてスモールハウスのムーブメントを引っ張っていきたいと思う。

35年ローンを組んでいる半分以上の方々が、不幸になっている

a richness of emotion or spirit

高気密、高断熱、高機能な住宅は、日本の住宅発展や技術力の高さなのかもしれないが、それを守るがゆえに住宅価格が下がらないのは本末転倒だと思う。

エネルギーやメンテのランニングコストが削減できるというメリットがあると思うが、イニシャルのコストがぐっと下がる方が今の時代、圧倒的にリスクが低いと思う。
Continue reading

自分でコントロールできる時間を増やし、内側から湧いてくる好奇心を育んでいく努力を惜しまないこと

tumblr_mugn1sHtWy1sg54bko1_1280

 

今宵は新入社員の歓迎会。

 

最近、20代のメンバーが増えてきました。うちの会社は「雇われない生き方」を企業テーマにしているので、2年で独立することを前提に入社してきます。彼らも2年後には卒業し巣立っていきます。

 

色々と試行錯誤はありますが、こういった独立体制を始めてから早4年近くが経ちました。僕らのWeb業界は、どんなに良い待遇&環境で囲っても、優秀なメンバーであればあるほど独立していく傾向があります。

Continue reading

「瞑想」から始まる新しい個人と組織の形

md 

学生時代に禅寺に3ヶ月篭って修行をしたことがある
それから日常に「瞑想」を取り入れるようになって早10年以上が経過した。

 

当時は、瞑想とか禅とかいう言葉自体が浸透しておらず
「あー危ない感じ?何か新興宗教入ってるの?」的な反応をされることが多かったので
自分の中だけの話しに留めていた。
Continue reading

拘りをもって、本質を極めるという シャドーに自分の弱さが見え隠れする

スクリーンショット 2013-12-05 23.13.22

 

拘りをもって、本質を極めるという
シャドーに自分の弱さが見え隠れする。

 

昔から熟考したかのように自分が良いと思うことを主張し、
時に論理性を持って納得させたり、なるほど、と言わせることが、
全てにおいて良いと考えている時期があった。
今もたまにそういう所がある。

それは何も正しいわけではなく、本質を突いているわけでもなく、
自分の弱さなんだと薄々感じている。

Continue reading

体の感覚と対話ができる自分でいたい

スクリーンショット 2013-11-04 2.46.09

タバコもお酒も一切やらなくなって、野菜中心の食生活になり始めて一年以上経った頃から、体の反応が大きく変わり始めた。

別に、ダイエットとか生活改善とか、何か意図があってそのような節制生活になった訳ではなく、体がだんだん欲しなくなってきたことに、それに素直に従ってみていた。
Continue reading

身近な人達との繋がりを深めることが、全ての癒しに繋がる

スクリーンショット 2013-11-04 2.15.00

目まぐるしく過ぎ去る毎日の中で思うことがある。町には人が溢れ、それぞれに立場や毎日の活動があり、また目標や夢、悩みや課題がそれぞれ少なからずある。

僕らが夢を描き、頑張り、時に悩む理由は、

「自分の存在価値・証・生きている意味を刻みたい、それはとても深いレベルで孤独を癒したい」

ということのようだと。
Continue reading