「嫉妬」は「本音を隠す仮面」

「嫉妬」は、「本当はやってみたいけれど、一歩踏み出す勇気がなく、怖いからヤメておこう」といった、

「本音を覆い隠すための仮面」であることが多い。

「ドキッ」としたら、それをやってみよう。「恐れ」と「ワクワク」はいつも「一式セット」

怖ければ、怖いことほど、それにトライしたときはワクワクを感じられる。

「新しいことに自ら挑戦し、戸惑う自分を楽しんでいく」

複雑に考える必要はない。人生は、いつもシンプルだ。

嫉妬は、チャンス到来の兆し。

2012年5月9日