エネルギーチャージ

最近エネルギー不足だったのでエネルギーチャージを込めて読んだ本の中でなかなかよかった本を2冊ご紹介。

WS000417.JPG

自己啓発本と思いきや・・・そんなことも無かった。
学生時代のお世話になった巨匠が、
今年の学生のテキストにするといっていたので読んでみた。

考えの多様性、考えるきっかけをくれる本。

著者:中西輝政氏は、日本を代表する国際政治学者のため、

過去の日本を作ってきた偉人や歴史的背景より
心と論理のバランスについて上手く解き、考えるきっかけをくれる。
久々の良書に出逢ったと私は感じてます。

「常に矛盾を持ちつつ情報を吸収、選別し続け、
尚且つ人間的直感を研ぎ澄まし、常に考える続けること。考えることをやめないこと。」

今の自分の心にスッと入ってきました。
しかも読みやすい。1~2時間もあれば読めるでしょう。

WS000418.JPG

強烈なメッセージと共に著書:岡本太郎氏の

生き方から学ぶ、自己啓発本。

学生時代に読んで、あまりの強烈さに
驚きを隠せなかったが、
今また読み返してみると、中々いい。

「困難や苦労の中にしか本当の幸せはない」

「敵は己のみ」

まさにどんな孤独になろうが、異端児と呼ばれようが
その括弧たる信念から発せられるパッションが、強烈なメッセージと共に詰まっている。

メッセージの伝え方は強烈だが、本質は共感できる一冊。

ささっこの手の本はこれぐらいにして、気持ち切り替えて行きます。

2008年2月26日