音楽の起源

iPodは今や携帯、財布に並んで必需品となってる人は多い

「iPod(アイポッド)」の世界での販売台数が1億台に達したという

「音楽プレーヤーとして史上最速」の広がりである

またインターネットでの音楽配信、ダウンロードなどが盛んになり

有料配信サイト「アイチューンズ・ストア」ではこれまでに約25億曲以上を販売したという

そこで、ふと私は考えた,,,,,,,,

「そもそも音楽ってもんはいつから在るんだ??」…..と

調べた結果はこんな感じ↓

音楽は人類が文明社会にはいる以前の原始時代から存在していたという

音楽は精神に働きかける魔力を持ったものとされ、

宗教儀礼や医療の手段として重要な役割をもち、楽器は神聖視されていたとのことだ

「音楽は精神に働きかける魔力」ってところはなんとなく共感

音楽は手っ取り早くモチベーションを上げることができると思う

曲調によって、歌詞によってモチベーションをコントロールできると

最近の脳科学に関する論文でも発表されている

また、懐かしい曲を聴いたりすると、その時のたくさんの思い出が音楽と共に駆け巡る

音楽と感情との結びつきは深い気がしてならない

話は変わって、ウチの会社のオフィス内は毎日軽快なジャズが流れている

パソコンやサーバーの嫌な起動音をさわやかにかき消してくれている。

私個人としてはすごく心地よい

みなさんのオフィスや自宅にも是非音楽を!

【今日の一曲】

Feel it – Naturally7
ナチュラリー7はNYをベースに活動する7人組。全員、ゴスペル・スクール、聖歌隊育ち。
このアーティスト達のすごいのは「演奏楽器を一切使わず、口ですべての楽器を奏でる」ところ。ある日、ハーモニカをハーモニカ無し(つまり口)でやったことから、他のメンバーも様々な楽器に(楽器なし)でトライし始め、いつのまにか「楽器なしで全てを奏でるグループ」となったという。この人たちの曲を聴いたとき、体に電気が走ったのを今でもよく覚えている。

2007年4月23日