感動と生きた証

感動する為に、生まれてきたとする。

感動は喜怒哀楽という心の動き。心の振れ幅。

感動は経験度合いで上下する。

日々の感動を感じなくなることは悪いことじゃない。

それをしっかり身体で覚えてる(経験した)人だから。

それを繰り返していくと、頭なんかで解釈や分解すら出来ない、

生きた感動に出逢う機会が与えられる。

生きた感動に出逢うためには、
誰もがそれぞれ抱えてる弱虫ハートの部分と
いつもどう向き合うかにかかってる。

進み方にどれも間違いは無いが、成長に速い遅いはある。

時間は有限で、死に向かってるのも確か。

だから今という一瞬を誰よりも意識するようになる。

成長を早く重ねた分だけ、心震えるような感動にいくつも出逢える。

自然の道理。

夢も、欲望も、生きてる理由も、楽しむ理由も、頑張る理由も、
行き着くところは、

「感動を求めること」
→自分が求めている心の振れ幅を常に追い求めてることになる。

しかしながら、感動には慣れが生じる。

例えば、仕事でいえば

試行錯誤する、頑張る、努力する(苦しい感動)

結果を出す

多くの賞賛、感謝を浴びる(嬉しい感動)

新たな存在意義を感じる(自尊の感動)

現在の存在意義に慣れる

自分の存在意義を一旦感じて少し経つと感動はまた平坦に戻る。

またそれ以上の大きな存在意義、感動を感じたいと思う。

存在意義と感動を求めて、どんどん大きくなっていく。

それが、生きる原動力となっている。

あなたという一人の人間としての
他者への良い影響力を最大限まで求めていく。

あなたの存在意義を確かめるように。

それは、それは、素敵な旅。

果てしない、人生という旅。

死ぬ間際に、

「悔いのない人生だった」

という「悔いのない」とは
存在意義と感動の経験度合いにあなたが満足したかどうか。

「大切な人たちに見取られて死にたい」

これも、結局は自分の存在意義の確認を意味してる。

最後に、人間にとって、もっとも悔やまれることは、
傷つけられること、悩まされること、孤独になること、
そんなことではない。(これは感動の一面)

「あなたという一人の人間が皆の記憶の中から忘れ去られること」

だから皆、生きた証(存在意義)を刻もうと進む。

あなたの証を刻む、表現方法は何ですか?

悔いのない今を、一瞬を。

2011年7月1日