何をするかより、どのようにするかが大切

「何をするかより、どのようにするかが大切」

何をやるかをいくら考えて色々やってみても、根本的にその人の取り組み方と考え方が変わらないかぎりは、何も心から楽しめないし、幸福感、達成感は感じられないということ。

そもそも論として、「その人の取り組み方と考え方」自体も「すべて貴方が、貴方の人生●●年で作り上げたものであるから」

生まれた時から今のような判断、性格、考え方をしているわけはないのです。

「すべて貴方が、貴方の人生●●年で作り上げたものであるから」

たぶんこの事実をどこかに置いてきている気がする。

自分自身で作り上げた自分を「本当の自分」と勘違いしていないか?

「本当の自分」なんてそもそもなんだか分からないし、それを追い求める前に貴方自身がすることがあるだろう。

「私は、昔からこうだから、こういう性格だから、こういう●●だから、そうなんだよ」

決めつけるな。

自分に自分で枠をつけるな。

貴方が勝手に作っただけ。

まだまだこんなもんじゃない。

未来は無限大。

貴方の考えの癖を貴方自身で洗い出せ、他人からの評価を集めて徹底的に分析しろ、貴方が在りたい姿、マインドに向かってセルフイメージを高めていけ。

その上で、言葉に責任を持ち、直感を研ぎ澄ませて、大きな流れに身を委ねるべし。

セルフイメージも高める努力をしていないのに、ひらめきや流れに身を委ねるのは、単に

「無駄に他人の人生を生きているだけ、心から幸福を味わうことは難しい」

これに気がついているのだろうか。

「何をするかより、どのようにするかが大切」

そんなことを、改めて正月に自分への戒めも込めて思いました。

※セルフイメージって?

    セルフイメージというのは、自分が自分のことをどう思っているのかについてのイメージです。カウンセリングでいえば、自己概念ということになりますね。

    このセルフイメージというのは、私たちが人生を豊かにする上で、非常に重要な概念になってきます。なぜならば、私たちは、このセルフイメージによって、自分の行動や思考を無意識に決めているからです。

    例えば、自分は人付き合いが苦手だというセルフイメージであれば、人付きあいが苦手な人の言動を、無意識に選択しています。自分には自信がないんだというセルフイメージの人は、自信のない人のように振舞おうとします。

    自分には、お金を稼ぐ能力がないんだというセルフイメージであれば、お金を稼ぐために真剣に生きようとはしません。そして、自分はありのままの自分を受け入れられないんだという、そういうセルフイメージであるならば、その人はありのままの自分を受け入れられない自分として、人生を生きていこうとします。

    ここまで書くと、反論したい人が出てくるかも知れません。
    ですが、もう少しこの先も読んでくださいね。

    こうしたことを考えると、大切なことは、自分がどんなセルフイメージを持っているのかをしっかりと知ることだと思います。自分のセルフイメージを知ることで、普段から無意識に、自分がどんな言動を取ってきたかが見えてくる場合もあります。

    自己実現をした人たちは、ほぼ例外なく、このセルフイメージを高める努力をしてきています。セルフイメージが低いのに、無理やりポジティブ思考を自らに強要しても、苦しいだけで上手きいきません。

    自己実現した人たちは、このことを直感的に知っていたので、先ず、セルフイメージを高める努力に、時間とお金を惜しまず投資しています。

    実は私も今、自分のセルフイメージを高めようと取り組んでいます。セルフイメージを高めるためには、自分が自ら動かなければなりません。

    例えば、セルフイメージの高い人と積極的に付き合うとか、講演会を聞きに行ったり、セミナーやワークショップに参加したり、朝起きてから寝るまでの間に、セルフイメージを高める働きかけを自分自身にしたり・・・・

    ここで大切なのは、セルフイメージを変えられるのは、自分しかいないということ。セミナーに参加したり、本を読んだり、人に会ったりしても、自分で自分のセルフイメージを高めるんだという意識がなければ、同じような取り組みを同じような時間をかけてやってきても、人によって差が出てしまうことになるでしょう。

    私の場合も、自分のセルフイメージを高めようと決めたのは、他でもない私自身です。そして、実際、セルフイメージを高めることができるのも、この私を置いて他にはいないのだと思っています。

    アナタのセルフイメージって、どんなイメージになっていますか?そして、そのイメージを高めるためには、どんなことが、今できると思いますか?

2010年1月15日