デジタルデトックス

「携帯を置いて、PC電源を切って、外へ出かけよう」

ネットと携帯が繋がらないカフェ、デジタル機器持ち込み禁止のリラクゼーションスポットとかが五年後ぐらいには一定のニーズがあると思う。

「外的情報は早くて多いほうが良い」という固定概念を疑わないこと自体、思考が停止してるように思う。情報から創造的なものは生まれない、一人になって考えたり、何もしない時間があって創造的なものが生まれる。

「一人になって考えたり、何もしない時間」

これを世間は、「暇」と捉えるなら、それはバカげた話だ。作業を詰め込み、時間に追われ、思考が停止している自分こそ「暇」じゃないのだろうか。それは、何も生み出さない作業ロボットのようだ。そんな生き方は、楽しくないし、なんでもない。もちろん、ネットやデジタル機器は、作業時間を圧縮し、効率を劇的に上げた。しかし、それ以上に、やる仕事や作業がどんどん増えていった。

「すべてを知っている必要はない」

大切なことを忘れないくらいの情報で十分なのかもしれない。これから生まれてくる子ども達に、スクリーンの中以外に、楽しいことやワクワクすることが沢山あることを教えられる大人になりたい。

2012年9月3日