病気が教えてくれること

死んだばあちゃんがこんなことを言っていた。

「病気は心の影だい」

小さい頃、父と母は共働きだったので、
じいちゃんとばあちゃんに面倒をみてもらってた。

夕暮れまで泥だらけになってまいにち遊んでた僕ですが
カラダもひとまわり小さくてよく体調を崩してはばあちゃんに甘えてました。
Continue reading